海外サーバー

レンタルサーバーについて

レンタルサーバーレンタルサーバーについて はコメントを受け付けていません。

海外レンタルサーバーと国内レンタルサーバー

今。私は「海外の」レンタルサーバーを利用しています。(SVIAサーバー)

何故?海外の?

といった疑問があると思います。

  • 国内の方が安全なんじゃないの?
  • 24時間有人監視は必要でしょ?
  • サポート体制がしっかりしている方が・・・
  • 解約とか面倒臭いんじゃないの?

・・・etc

私も最初はそう思いましたけれど、実は国内サーバーと海外サーバーと「どんな差があるのか?」誤解している部分実は結構あるんですね。そのひとつひとつについて気付いたことなど書き留めていきます。

1.国内の方が安全なんじゃ・・・?

これは誰しもが思うことですよね。でも考えてみてください。日本という国は地震大国です。あれほど「安全性」を連呼していた原発だって今では大変な状態です。

これをデータセンターに置き換えて考えてみると、サーバーは国内(所在地は秘密なので某所と言われていますネ)某所にあると言われていますが果たして100%安全なんでしょうか?そしてイザ!といった時にバックアップはちゃんと取れてるのでしょうか?

私がまだ現役のプログラマーやSEをやっていたときの話しですが、「東京某所にあるサーバーに万が一があっても、大阪某所にあるサーバーに随時バックアップがとってあるので安全だ」とよく聞かされたものです。

しかし?悲しきかな地震国です。近い将来(別に不安を煽るわけではないですが)、大きな地震が相当な高確率で起きると予測されています。ということは例え大阪某所でバックアップを取ってあると言っても必ずしも100%安全だとはもはや言えないのでは?と考えるようになりました。

また、無料ブログで会員数がNo.1を誇るFc2ブログは海外のサーバーであること知らずに利用されている方が少なくないです。Fc2ブログのサーバーはアメリカのネバダ州にあります。また、アフィリエイトなどでマイナーながらも利用者が多いDTIブログもサーバーはアメリカのコロラド州にあります。

そして決定的なのはGoogleの無料サービスであるBloggerもアメリカのカリフォルニア州にあります。

安全性を重要視(疑問視)するならFc2ブログやDTIブログ、ましてやBloggerなんか利用しないはずです。

つまり「国内にあるサーバー=安全」といった安全(安心)基準ではなく「使いやすい」「便利」といった側面からFc2ブログやDTIブログを利用しているのではないでしょうか?

となれば、レンタルサーバーも別に海外であろうが「使いやすい」「便利」なら問題はないはずです。

続きを読む