素材データ表示プラグインVer.2.0.0β

もしも素材データ表示プラグインVer.2.0.0β公開

もしも素材データ表示プラグインVer.1.0.1βからの変更点

  1. プラグインファイル(phpファイル)本体に上書きしていた「もしもAPI認証コード」をプラグイン設定画面から入力するようにしました。
  2. パラメータを設定画面で指定可能にできるようにしました。

導入方法

  1. ダウンロードページから「素材データ表示プラグイン」ファイルをダウンロード
  2. ダウンロードファイルを解凍ソフトで解凍
  3. FTPソフトでフォルダごとプラグインフォルダへアップロード
  4. プラグインメニューから「moshimaterial2」プラグインを有効化
  5. 設定メニュー「もしも素材表示」で「もしもAPI認証コード」を設定

使用例

[moshimaterial2 id=”●●●●●●●”]と記事に「素材データを表示したい箇所に」記述する。

([]記号は半角英数 idは商品IDで半角英数字)

表示例

商品ID:145370(サイクルツイスタースリム)の場合は以下のように表示されます。

WordPressテーマによってはテーブルタグ(<table></table>)の枠線表示をCSSファイルで修正しないと「表示される」場合があります。また、イメージタグ(<img>)で「余白」「ボーダー」が設定されている場合は調整して下さい。