レンタルサーバー

ロリポップ系サーバーでの新もしも商品登録プラグイン動作について

お世話になります。タナカ企画の田中です。

先日よりロリポップ系列サーバー(ロリポップ、チカッパ)にて「新もしも商品登録プラグイン」が動作しない、プラグイン自体の有効化ができない、プラグインをアップロードしたがプラグイン画面が文字化けする・・・などの質問がありました。

当方でも看過できない問題ですので確認・検証を行う旨、質問者さまには返信していましたが他作業も立て込んでおり少々遅れましたが本日、確認・検証を行いましたので結果及び現状問題が起きている(と考えられる)原因をこちらで公開・共有致しますので参考にして下さい。

検証結果

全く問題ありませんでした。(下図参照)

動作確認はロリポップサーバーで行いました。WordPressの設置は皆さんが実施されたであろう「簡単設置サービス」を利用しました。WordPressのバージョンは最新版(3.8.1)です。

今まではロリポップ系サーバーが昨年より導入したWAF機能(Web Aplication Firewall)を一旦OFFにしてから同プラグインの有効化後設定しその後再度WAF機能をONするようにといったアナウンスをしていましたが、その煩わしい設定方法も今回は実施していません。全く素のままでプラグインのアップロード→有効化→初期設定が出来ました。

新もしも商品登録プラグイン動作例

問題が起きる(と考えられる)原因

1.カスタムフィールド(item_id)の作成ミス

カスタムフィールド名「item_id」がきちんと作成されているかどうか?を確認してみてください。「item-id」となっていませんか?

2.カスタムフィールドの「値」に記載する商品IDは正しいか?

カスタムフィールド「item_id」の値に正しい商品IDが設定されていないと当然商品情報は表示されません。今一度、商品IDは正しいかどうかを確認してみて下さい。

3.ショートコード名記載時、カッコ記号「[」「]」を半角で記入しているか?

過去、動作しない旨の報告を受けた時に一番多い原因がコレでした。カッコ記号「[]」を全角で記載されている方が非常に多かったです。[itemmoshimo]と正しく半角で記載しているかを確認してみてください。

その他の問題について

プラグインをアップロードしたが「文字化け」するという問題があるようですが、コレはプラグイン自体の問題ではありません。おそらくWordPressを手動インストールする際に何らかの原因でデータベースが壊れたか?或いはWordPressを再インストールする再に何らかの原因で「壊れたまま」のデータベースを利用したか?ということが考えられます。

ご面倒でもWordPressを再インストールする際には必ずデータベースも一度削除後、再取得してから行う様にしてみてください。

以上でも動作しない場合は再度質問して下さい。


プラグイン動作確認情報5(レンタルサーバー)

新もしも商品登録プラグイン他動作情報5

先の「プラグイン動作確認情報」で、当サイトが配布している「プラグインの動作確認がとれているサーバー情報」を提供して欲しい旨の呼びかけにご協力ありがとうございます。

動作確認がとれているサーバー情報を共有したいと思います。

今回確認がとれたサーバー

ミニバード

こちらのサーバーは当方の自腹で確認しました^^。月額263円でPHP・MySQL対応のレンタルサーバーで、とても使い心地がいいです。特にphpはバージョンが選択可能だしphp.iniファイルを自由にセッティングできるのも嬉しいポイント。試用期間が2箇月もあるので実質の月額費用はもう少し安く上げることができます。
また、系列のスタードメインでドメインを取るとポイントが貯まりそのポイントを利用すると更に月額費用が安くなります。
「MySQLが5個まで」という制限はありますが、これはWordPressやMovableTypeの自動インストール機能に限った話で、自動インストール機能を使わなければMySQLの個数に関係なくマニュアルインストール可能なので重宝しています。


プラグイン動作確認情報4(レンタルサーバー)

新もしも商品登録プラグイン他動作情報4

先の「プラグイン動作確認情報」で、当サイトが配布している「プラグインの動作確認がとれているサーバー情報」を提供して欲しい旨の呼びかけにご協力ありがとうございます。

動作確認がとれているサーバー情報を共有したいと思います。

今回確認がとれたサーバー

お名前.com共用サーバー

I様より情報提供いただきました。ありがとうございます。「お名前.com」の共用サーバーSDというタイプです。お名前.comの評判はよく耳にされていると思います。性能・価格比のバランスがとても良いサーバーだという話です。今なら、≪初期費用無料≫で、≪月額3ヶ月分無料≫なので、新しくサーバーを申し込むのに最適です。


プラグイン動作確認情報3(レンタルサーバー)

新もしも商品登録プラグイン他動作情報3

先の「プラグイン動作確認情報」で、当サイトが配布している「プラグインの動作確認がとれているサーバー情報」を提供して欲しい旨の呼びかけにご協力ありがとうございます。

動作確認がとれているサーバー情報を共有したいと思います。

今回確認がとれたサーバー

123サーバー

123サーバーは、国内でも数少ない「IP分散型」サーバーですClass-Cレベル以上で最大1,000までIPアドレスを分散可能だそうです。また、1サーバーあたり月額が200円~という低価格も魅力です。また、123サーバーでは「Googleの取得したある重要な特許を解明した非常に重要な内容が解説されたレポート」が今なら無料でダウンロードできるそうです。

この情報は当サイトが配布しているプラグインをご利用いただいていますN様からの情報提供でした。ありがとうございます。お礼にショップへのリンクを張らせていただきたく思います。


プラグイン動作確認情報2(レンタルサーバー)

新もしも商品登録プラグイン他動作情報2

先の「プラグイン動作確認情報」で、当サイトが配布している「プラグインの動作確認がとれているサーバー情報」を提供して欲しい旨の呼びかけにご協力ありがとうございます。

動作確認がとれているサーバー情報を共有したいと思います。

今回確認がとれたサーバー

グランパワー

容量は5GB~ですが、毎月の更新作業で「完全無料運営」が出来るサーバーのようです。IP分散などのサーバーリスクヘッジに色々と利用できそうな感じがしました。サブドメインこそ利用不可、データベースが一個だけ、、といった制約がありますが安定していそうなサーバーのようです。

今回、情報を提供して頂きましたS様。ありがとうございます。お礼にショップへのリンクを張らせていただきたく思います。


プラグイン動作確認情報(レンタルサーバー)

新もしも商品登録プラグイン他動作情報

いつも「新もしも商品登録プラグイン」他、プラグインのご利用ありがとうございます。当サイトで配布しております各種プラグインの動作環境(サーバ)情報を少しずつですが書き留めていくことにしました。プラグイン導入前にご確認下さい。

当サイトにて現在動作確認がとれているサーバ

  1. コアサーバー(無料お試し期間5日あり)
  2. ヘテムル(無料お試し期間15日あり)
  3. ロリポップ!(無料お試し期間10日あり)

当サイトにて確認はとれていないが動作すると考えられているサーバ

  1. チカッパ!(無料お試し期間10日あり)
  2. ハッスルサーバー(無料お試し期間10日あり)
  3. エックスサーバー(無料お試し期間10日あり)
  4. ロケットネット(10日間の無料トライアル制度あり)

他にも色んなサーバーがありますが『無料お試し期間』のあるレンタルサーバーでプラグインの動作確認をしてから申し込むのがいいと思います。

動作確認がとれているサーバー情報を求めています。メールフォームからお寄せいただけると非常にありがたいです。よろしくお願い申し上げます。


レンタルサーバーについて

海外レンタルサーバーと国内レンタルサーバー

今。私は「海外の」レンタルサーバーを利用しています。(SVIAサーバー)

何故?海外の?

といった疑問があると思います。

  • 国内の方が安全なんじゃないの?
  • 24時間有人監視は必要でしょ?
  • サポート体制がしっかりしている方が・・・
  • 解約とか面倒臭いんじゃないの?

・・・etc

私も最初はそう思いましたけれど、実は国内サーバーと海外サーバーと「どんな差があるのか?」誤解している部分実は結構あるんですね。そのひとつひとつについて気付いたことなど書き留めていきます。

1.国内の方が安全なんじゃ・・・?

これは誰しもが思うことですよね。でも考えてみてください。日本という国は地震大国です。あれほど「安全性」を連呼していた原発だって今では大変な状態です。

これをデータセンターに置き換えて考えてみると、サーバーは国内(所在地は秘密なので某所と言われていますネ)某所にあると言われていますが果たして100%安全なんでしょうか?そしてイザ!といった時にバックアップはちゃんと取れてるのでしょうか?

私がまだ現役のプログラマーやSEをやっていたときの話しですが、「東京某所にあるサーバーに万が一があっても、大阪某所にあるサーバーに随時バックアップがとってあるので安全だ」とよく聞かされたものです。

しかし?悲しきかな地震国です。近い将来(別に不安を煽るわけではないですが)、大きな地震が相当な高確率で起きると予測されています。ということは例え大阪某所でバックアップを取ってあると言っても必ずしも100%安全だとはもはや言えないのでは?と考えるようになりました。

また、無料ブログで会員数がNo.1を誇るFc2ブログは海外のサーバーであること知らずに利用されている方が少なくないです。Fc2ブログのサーバーはアメリカのネバダ州にあります。また、アフィリエイトなどでマイナーながらも利用者が多いDTIブログもサーバーはアメリカのコロラド州にあります。

そして決定的なのはGoogleの無料サービスであるBloggerもアメリカのカリフォルニア州にあります。

安全性を重要視(疑問視)するならFc2ブログやDTIブログ、ましてやBloggerなんか利用しないはずです。

つまり「国内にあるサーバー=安全」といった安全(安心)基準ではなく「使いやすい」「便利」といった側面からFc2ブログやDTIブログを利用しているのではないでしょうか?

となれば、レンタルサーバーも別に海外であろうが「使いやすい」「便利」なら問題はないはずです。

続きを読む