-12月-2013の記事

プラグインの使い方・ショップサイトの作り方など

プラグインダウンロード申請された方々。当方の他業務が忙しく、なかなか即時レスポンスができずご迷惑をお掛けしましたが、それにもめげず辛抱強くお待ちいただきありがとうございました。来年もよろしくお願い申し上げます。

来年は現在のプラグイン以外にもアフィリエイト関連で何かできないものかと考えています。

時期がきましたらまたアナウンス致しますネ。

そんなこんなで今年の締めくくりとして、当方で配布しているプラグインの使い方、賢い(実績の出る)ショップ作成方法などを少しご説明したいと思います。

プラグインの使い方など

当方で配布しているプラグインは「もしもAPI」を利用して「もしもドロップシッピング」から商品データを収集し販売ページテンプレートに沿った形でWordPressの投稿ページに反映するものです。これは何を意味するのか?と言いますと「ショップの作成スピード短縮」ができるということです。

したがって、あれこれ考えずに販売しようとする商品のジャンルや個別商品が決まりましたら、とにかくショップサイトを量産することをおすすめします。その際、ドメインはどうするか?という疑問もあるかと思いますが、資金的に余裕があるのでしたら独自ドメインをとりながら量産するのがいいと思います。もし資金的にあまり余裕がないというのでしたらサブドメイン形式で量産してもいいと思います。

これは個人個人いろいろな考え方(SEO的にも)があると思いますので各自いろいろを試してみてください。

ショップサイトの賢い(実績のでる)作り方

当方のプラグインは「クールでかっこいいテンプレート」を購入者が導入する場合が非常に多いと思います。もちろんそれ以外の方も多いとは思いますが、その際気をつけていただきたいポイントがあります。

プラグインの中には「販売ページ」用のHTMLテンプレートを雛形として添付しています。またカートボタンや在庫表示などの各アイコンも雛形として提供しています。しかしこれをそのまま利用されている方が多いようです。

あくまで「雛形」として提供していますので、そのまま流用すると他のショップサイトを作成されている方々の(ショップサイト)デザインが同じになってしまい、オリジナリティという点においては不利になる恐れがあります。

せめてアイコンなどの画像はオリジナルなものをご利用されることをおすすめします。

また、当方のプラグインを利用したショップサイトは単独ではSEO的には不利です。単独ではよほどのことがない限り上位表示はされません。

従って、ある意味「アフィリエイトサイト」的な運用にすることで売上・実績があがる傾向にあるようです。無料Blogサービス、独自ドメイン+WordPress(またはMovableType)を利用した独自ブログを立ち上げ、その中の記事から上手に誘導するような形が現在のところ上手い運用方法のようです。

もちろん私の場合のように、非常にニッチなキーワードで単独上位表示して売上がある場合もありますが、非常に長期スパンで売上を考える必要があります。ある意味「ショップサイトを放置」するくらいの感覚ですのであまりおすすめではありません。

ですので上記のようなブログなどである話題で上位表示し、その記事中からショップサイトへ上手に誘導する方法が一番よいかもしれません。その為にもなるべく短期間でショップサイトを量産することを強くおすすめします。

以上、少し簡単ではありますが「プラグインの使い方・ショップサイトの作り方」を私的な観点でご紹介しました。また機会をみつけてこういった記事をアップしたいと思います。


お知らせ

お世話になります。タナカ企画の田中です。いつも「プラグイン」のご利用ありがとうございます。

当事務所の年末年始での対応をお知らせ致します。

年末年始ともに通常通りの対応をする予定ですが、当方も何分このプラグインばかりに時間を割くわけにもいかず若干のレスポンス遅延があることをよろしくご承知くださいますようお願い申し上げます。

また、プラグインのバグや問題対応に関しましては、年末年始に当事務所のシステム入れ替えをおこないますので少々お時間を頂くこととなります。よろしくお願い申し上げます。