-6月-2012の記事

各プラグインが適用可能なWordPress人気テーマ3種について

どうも。いつもプラグインをご利用いただきありがとうございます。当サイトが配布している各プラグインと、WordPress(ワードプレス)で人気のテーマ(テンプレート)との関係を記しておきますので参考にして下さい。

 

クールでかっこいいMT&WordPressテーマVer.6

さて、今回のお知らせですが「当サイトで配布している各プラグイン」は「クールでかっこいいMT&WordPressテーマ Ver.6 セット」に正式対応しています。

 

かんたんDSくん+

従前より紹介していました「ドロップシッピング専用SEO対策済みCMSテンプレート+量産「かんたんDSくん+」(もしも&リアルドロップシッピング対応版)~新発売記念スペシャル特典(総額54万5460円相当+α)付き!」ですが、こちらはWordPress(ワードプレス)Ver3.1.3までの対応とのことで正式には「非推奨」というスタンスを取らせていただいております。

理由は以下の通りです。

なぜ?「かんたんDSくん+」は「非推奨」なのかと申しますと、WordPress(ワードプレス)Ver3.2以上はPHPバージョン5.2.4以上が必要だが、現在のレンタルサーバーの多くはPHPのバージョンが5.2.4未満であるからという回答でした。

確かに各レンタルサーバー事業者ではサーバーが提供するPHPのバージョンは一律ではありません。しかし、セキュリティなどの観点からPHPは最新バージョンである事の方が望ましいのは確かです。

当サイトが配布する各プラグインはPHPの最新バージョンに合わせて制作しているつもりです。

従いましてPHPバージョンがあまりにも最新とかけ離れているような場合は動作の保証ができません。よって「かんたんDSくん+」におけるWordPress Ver3.1.3(PHPバージョン5.2.4未満を推奨)では、当サイトが配布するプラグインの動作保証はできかねます。

ただし、レンタルサーバー側におけるPHPバージョンが5.2.4以上の場合単にWordPress(ワードプレス)のバージョンアップをしていないだけの話となりますので、ほぼ問題なく動作すると思います。

以上の理由から当サイトが配布する各プラグインの適用テーマ(テンプレート)として「かんたんDSくん+」は非推奨というスタンスを取らさせていただいております。ご了承下さい。

ただ、個人的に検証してみましたが「かんたんDSくん+」はWordPress Ver3.1.3以上でも動作しました(PHP Ver5.2.5 WordPress Ver3.1.4のコアサーバーで確認。公式サイト上では未対応)ので問題無いとは思うのですが・・・
(現状の各レンタルサーバー最新事情に合ったアップデートされることを願っています。)

 

賢威5.0

SEO対策において非常に定評のある「SEOに強い戦略的テンプレート「賢威5.0」上位表示の先を見据えたプロのSEOマニュアル&テンプレート」も非公式ですが問題なく動作します。

 


再確認 プラグインキャッシュフォルダの属性

いつもプラグインをご利用いただきありがとうございます。

もしもドロップシッピング各プラグインのマイナーアップデート

にも書きましたが再確認の意味でお知らせです。

プラグインをアップロード後、FTP(ファイル転送)ソフト(FFFTP、NextFTP、Filezillaなど)で各プラグインのキャッシュフォルダ属性を「0666~0777」に変更するようにと従来のプラグイン説明ページに解説していましたが今回のマイナーアップデートではその煩わしい作業は「不要」になりました。

但し、確認だけは行うようにして下さい。

手順は以下の通りです。

  • 商品登録後、あるいは商品感想情報を表示、素材データの表示などのプラグイン動作
  • キャッシュフォルダ(「data」若しくは「cache_data」)の属性が「0755」になっていることを確認
  • もし?そのように変更されていない場合は個別にそのフォルダ属性を「書き込み可」に変更して下さい

 

 

フォルダ属性の設定に関しては、各レンタルサーバー会社の担当者さまに相談・質問してご確認下さい。


プラグインダウンロード不具合

いつも「もしもドロップシッピング」各プラグインをご利用いただきありがとうございます。

さて、6/10頃より『ダウンロードしたプラグインファイルが正常に解凍できない』という現象が発生しておりましたが、6/15現在正常に解凍できるようになっております。

ご不便・ご迷惑をおかけした方にお詫び申し上げます。


もしもドロップシッピング各プラグインのマイナーアップデート

いつも「もしもドロップシッピング」各プラグインをご利用頂きありがとうございます。

現在、配布中の各プラグインのマイナーアップデートを実施しましたのでお知らせします。

【アップデート内容】

各プラグインをインストール後、利用者さまご自身の手で(FTP転送ソフトなどで)キャッシュフォルダ(「data」或いは「cache_data」)の属性(パーミッション)を「0666~0777」に変更していただいておりましたが、その作業は不要となるアップデートを実施しました。

プラグイン内において一旦キャッシュフォルダの属性(パーミッション)を「0777」に変更し、各処理が終了した段階で「0755」に設定するように致しました。

これは、あるユーザさまからのご指摘でキャシュフォルダの属性を誰からもアクセス可能として書き込み可なのはセキュリティ的にどうなのか?というお問い合わせに対する回答として検討・追加処理を実施したものです。

【ご注意事項】

但し、全サーバーにおいて必ずしもその処理が上手くいくかは分かりません。

恐らく大抵の大手サーバーなら大丈夫だとは思いますが、中にはサーバー設定において『制限』『制約』を設けているところなどがそれにあたります。そのような場合はユーザーさまの方でご判断いただき(サーバー会社とご相談の上)キャッシュフォルダの属性(パーミッション)を変更するようにして下さい。

【現在確認が取れているサーバー】

ミニバード

ファイアバード

【確認方法】

各プラグインのキャッシュフォルダの属性が正常に変更されていることの確認方法は、

プラグイン導入後「商品を登録」する。正常に商品が登録されたら、その後FTPソフトでプラグインのキャッシュフォルダの属性(パーミッション)を確認します。下図参照。

プラグインのキャッシュフォルダが正常に変更されていることの確認方法